氏名 曽山 和彦(そやま かずひこ)
職名 准教授
研究室 13号館312
主要著書・論文

・「学習に苦戦する子」(共編著)図書文化.2003

・「気になる子への対応術」(共編著)教育開発研究所.2008

・「時々、“オニの心”が出る子どもにアプローチ 学校がするソーシャルスキルトレーニング」明治図書.2010

・曽山和彦、本間恵美子、谷口清;「不登校中学生のセルフエスティーム、社会的スキルがストレス反応に及ぼす影響」、特殊教育学研究第42巻第1号、23-33、2004

・曽山和彦、武田篤;「特別支援教育コーディネーターの指名と養成研修の在り方に関する検討」、特殊教育学研究第43巻第5号、355-361、2006


・曽山和彦;「適応指導教室生徒に対する構成的グループ・エンカウンターの効果」、教育カウンセリング研究第1巻第1号、51-57、2006

・曽山和彦;「小学校通常学級における発達障害が疑われる児童への支援−校内委員会へのコンサルテーションの進め方と留意点」、教育カウンセリング研究第2巻第1号、42-50、2008

・曽山和彦;「構成的グループ・エンカウンターを取り入れた参加型授業に対する学生の意識と評価」、京都大学高等教育研究第14号、37-44、2008

・曽山和彦;「学習意欲を高める授業改善の検討〜構成的グループ・エンカウンターを活用した「教養演習」の実践」名城大学教育年報第4号、10-18、2010

主な担当科目 学校教育相談、教職入門、特別活動の研究、総合演習、教育実習の研究
趣味・特技 卓球、合気道、海外旅行(多国籍ツアー)
学生へのメッセージ 今、教師には豊かに人(子ども、大人)とかかわることのできる力が求められています。体験的な学びを通して教師としての資質を共に磨いていきましょう!

問い合わせ先      個人作成Web

主要著書・論文詳細